[掲示板に戻る] [一覧表示に戻る] [新着表示に戻る]
過去ログ[0059]
過去ログ
検 索
キーワード 条件 表示
標準表示/一覧表示
大塚美術館 palms - 2019/06/26(Wed) 12:42 HomePage No.30642
パンダ ご存知の方も多いかと思いますが、鳴門に大塚製薬が作った大塚美術館があります。
当店のお客様が行ってこられたとの事です。ここの面白いのは展示されている絵画は「モナリザ」からシスティーナ礼拝堂の「最後の審判」まで世界の名画ばかりですが、全てレプリカです。しかも実物大ですのでなお本物ぽい^_^。
今の技術で模写されておりますのでかなり精巧に出来ているかと思います。

ここに展示されているいくつかの本物はフランスのルーブル美術館やスペインのプラド美術館で見ましたが、美術の本で見た物でも現地に行き見ますと「こんな大きいのか!」とその大きさと迫力に驚きました。
レプリカであれ、実物大となれば少なからずとも、その大きさに圧倒されると思います。

倉敷の美観地区にある「大原美術館」にも名画が多くあり(こちらは本物)モネ、ゴーギャン、ルノワール、モディリアーニなどの銘画も多く特にスペインの画家グレコの「受胎告知」は圧巻で、これを観に行くだけでも大原美術館に行く価値はあるかと思います。
名画をゆっくりと鑑賞するのも中々有意義な過ごし方かと思います。

本日は少し格調高く美術のお話しでした
(笑)。

画像はお客様よりお送り頂きました物です。

焼鳥と思い込み palms - 2019/06/24(Mon) 15:14 HomePage No.30641
パンダ 私はアルコール類が全く駄目ですので、お酒をメインにしている場所には全く行きません。
飲まないのが良いとは思っておりません。逆に美味しそうに呑んで、お酒について講釈をしている友人などを見ると人生で一つ損をしている気にさえなります(笑)。
私は「焼鳥」が好きなのですが、「焼鳥=お酒」と言うイメージがあり、焼鳥屋さんに1人で入った事がありません(^_^;)。
以前、友人の誘いで焼鳥屋さんに行った時にそこのご主人に「焼鳥屋さんではやっぱりお酒を飲まんアカンのですか?」と馬鹿な質問をしてみるとご主人は「どう言う事ですか?」と逆に質問され、カクカクシカジカと説明しますと、「お酒は別に飲まなくても全然構いませんよ(笑)。確かに色々とこだわりのあるお酒類は置いてますが、焼鳥屋なので焼鳥や料理が基本メインです。地鶏や備長炭を使っているのもその為です」とのお話しを聞いて
昔、あるお客さんが当店の前に「いつもバリバリのカスタマイズされたお客さんの車が止まっていて自分の様なノーマルに毛の生えた様なレベルでは来にくかった」と言うお話しを思いだしました^_^。
我々としましては「どノーマルであろうが、パーツの知識が無かろうが、超Welcomeですよ」とご説明しましが、焼鳥屋さんに対する私の持つイメージも当店に来られた方のイメージも全て「思い込み」と言う事になります。
友人達との集まりでは支払いは「割り勘」となりますが、私は飲みませんので友人達は気を使ってくれ「割り勘額」の30%〜50%オフにしてくれると言う特典があります(笑)。

画像はイタリアの「リストラン キャバリーノ」のオリジナルスパークリングワインです。

人間力 palms - 2019/06/24(Mon) 00:10 HomePage No.30640
パンダ 皆さんもご覧になったかとおもいますが「リーダーズ」と言うトヨタの創成期をモチーフにしたTVドラマが有ります。

録画し何度も見るのですが「人に歴史有り」で、何度観ても感動します。
昔の人は気骨で揺るぎない信念の元に初心を貫いて行きます。特に戦中、戦後を駆け抜けた人達は「個の利益」などと言う小さい枠に囚われず大志とかなりの覚悟を持って生きておられる感じです。
石油会社の「出光」をモチーフとした「海賊と呼ばれた男」などもやはり「日本の為」と言う創業者の理念が第1にあるみたいです。
あとトヨタ、出光もそうですが、「パナソニック」の松下なども「社員は家族」と言う考え方も共通していて松下などは戦後の財閥解体の時なGHQ(進駐軍)に財閥とみなされ資産、財産を没収されるところを、社員がGHQに「松下は財閥ではない!」と訴え、その危機を脱したとか・・。

「リーダーズ」「海賊と呼ばれた男」あと「お家さん」、これらはDVDなどが出ておりますので、ご興味がお有りの方は機会が有りましたら、是非一度ご覧ください。


TVドラマではありますが、戦後日本の復興を支えた企業や、そこに従事した人達の凄さを感じます。

色々 palms - 2019/06/22(Sat) 12:34 HomePage No.30639
パンダ 野球のつながりでのお話しを1つ。
高校に入り野球部の新1年生は何と約80名ほどおり、さすがにその数を目の当たりにしますと「引きます」(笑)。
昔ですので軍隊のよう縦関係と厳しい練習とで夏休みが終わり2学期が始まる頃には75名いた1年生も約半分くらいとなります。
その中には或る県で打者としてその県の中学ナンバー1と言われていた奴もおりました。
このひと夏を乗り切ったメンバーは3年間残れるだけの体力は十分ついておりますが、結局3年間で残った部員は12名です。

理由は監督さんがメンバーを絞り始め、試合に出れない、試合に出れないのであれば「練習の為の練習」となり辞めていく者が殆どです。監督のチーム作りの構想にはまらない選手なども、外される可能性もあります。
あのスーパースター「イチロー」氏も仰木監督に出会わなければ才能が埋没していたかも知れません。

私の場合、幸いな事に2年生から試合に使ってもらっておりましたが、才能が有ったわけでは無く「諦めが悪い」と言う事で残ったみたいなもんです(笑)。

一応クラブですので、強豪校で才能が埋もれるよりは楽しくやるのが一番かと思っております。

日本1の捕手と言われる古田氏を例にとりますと、普通の公立高校から学力で大学に入り大学で覚醒し実業団に進みプロの選手となっておりますし、あの黒田投手は強豪校の控えの控えみたいな存在でしたが、ある大学の監督がその才能を見出し大学で覚醒したと聞いております。
今年引退した上原投手もそんな感じです。
才能のある人は何処かで覚醒するのでしょうね⁈。私も大学でやっておれば・・・何て厚かましい事を思った事は一度もありません(笑)。
野球に限らずどんなスポーツもそうですが、やはり「楽しんでなんぼ」と言う感じがします。

才能 palms - 2019/06/21(Fri) 17:31 HomePage No.30638
パンダ プロ野球は交流戦の最中で個人的にはこの時期盛り上がります。私は小学生から野球を始め高校まで 続けました。
高校2年の時、他県遠征で対戦相手はその県では甲子園などに良く出ている強豪校で、エースは本格派左腕のドラフト候補にものぼる選手でした。
私は1番バッターとして打席に入り、最終の1球目はインコース高めのストレート。
噂通りのキレの良い球で、しかも苦手とする左腕、「これは厳しいな〜」と感じ討ち取られました。

ベンチに戻る際に3番バッターのY君が「どう?」って聞いてきましたので「結構手こずるかも?」と返答をし、結局のところ私は4打席凡退!

Y君は2本ほどヒットを打っており「流石!」と思っておりました。

試合も終わり帰る道中Y君いわく「あのピッチャー、そんなメチャクチャ凄ないで」

その後のY君の解説が「お前に投げた最初のボールは、球が速いのもあるけど、お前が嫌いなインハイでそれで「打てん!」と思ってしまったんと違う?
1球目がそれ以外のコースやったら考え方変わってるし、嫌いなコースはハナから捨てたらいけたで!」
「先週試合したS高のKさんから左中間に二塁打打ったやん!あの人の方が上やで!あの人から打てんねんから・・」

S高のKさんもドラフト候補でその年のドラフトで指名されプロに行きました。

Y君の様な見方、考え方は到底、私などには考えつかず、運動能力、才能は別としましても、考え方の角度の違いを凄く感じましたが、その様に冷静に判断できる、それも才能かと思います。
ある友人が「王さんは1%と才能と99%の努力と言ってたが、才能があるから努力が実を結ぶけど、才能の無い俺は努力してもどうなん?(笑)」と自虐的な事を言ったりもしておりましたが、言えなくもないかな〜?と思ってしまいます^_^。
そのY君は大学でも野球を続け、その強豪校でも、しっかりクリーンアップの一角の3番を打ち、リーグのベストメンバーにも選ばれておりました^_^。
その大学には甲子園に出た選手がゴロゴロおり.県の優秀選手に選ばれたくらいでは中々レギュラーにはなれないレベルです。
大学で更に才能が開花したようです。

私は高校で目一杯でしたので(笑)、大学での お話しも有りましたが、自分の実力がハッキリ分かっておりましたので、遠慮しました(^_^;)。

ベンツ300TE palms - 2019/06/20(Thu) 15:55 HomePage No.30637
パンダ 画像は前を走っていたベンツ300TEです。

私の場合、何故かベンツと言えば300TEを頭に描いてしまいます。

勝手なイメージですが、フロントマスクもベンツ、ベンツ(笑)としており全体のデザインも今の流麗なデザインに比べるとかなり無骨な感じがしますが、この「ド〜ン」とした感じが良いのか?正直なところは分かりません^_^。
昔乗っていたボルボ940のせいでしょうか?。ワゴンブームの先駆けの様なクルマです。このクルマも「ド〜ン」とした感じで無骨なデザインでしたが、前後の見切りも良くFR車と言う事も有り、あのボディサイズの割にはかなり小回りが利きました。
彼の国では「空飛ぶレンガ」と称されおり(笑)ボディはかなり頑丈でした。意外と部品の供給も良くエンジンも非常に単純でしたので、部品交換などは全部自分でしておりました。
昔のクルマの良い所は電子まみれでは無いので、少し位おかしく成っても応急処置で遠距離は無理としても近場までなら何とか騙せ、走れた事です。
今の車は電子制御の塊ですのでその場で、応急処置とはなかなかいかないようです。
また機会が有れば乗ってみたいと思っています。
なんかベンツの話しがボルボのお話し成ってしまいました(笑)。

タバコの葉、知恵?経験? palms - 2019/06/19(Wed) 13:33 HomePage No.30636
パンダ 今は禁煙、禁煙でタバコを吸うのは「悪」のように言われおります。
「カフェとタバコはパリの文化」などど言っていたフランスでも禁煙場所が多くなってるそうです。
そこで、タバコにまつわるお話しを一つ。

私が小学生の低学年の頃、友達数人と公園で遊んでいた時、友人の1人が足を滑らし頭を打ち少し血が流れ出て私達も慌てていると、公園を整備に来ているニッカポッカを履き真っ黒に日焼けした作業員のおっちゃんが「どうした?」と寄ってこられ、事情を説明すると「ふ〜ん」と言い、友達を公園の水道まで連れて行き水で少し傷口を洗い、ポケットからハンカチの様な物とタバコを出して来て、タバコを先端を折、葉を取り出し、にわかに友達の傷口にすり込む様に貼り付けハンカチらしき物を裂きそれを友達の頭に巻き「これで大丈夫や!、遊んどったら治る!」と言って作業に戻って行き、我々はそのおじさんの「大丈夫や!治る!」と言う言葉で、その後、日が暮れるまで遊んでました。
翌日その友達は絆創膏(当時バンドエイドの様な洒落た物はない)を貼って学校に来てましたが、病院に行く事もなく普通でした。
大人になってから、その事を思い出しホントにタバコの葉で治る?のかと調べてみると、タバコの葉には雑菌を除去する効果がある云々と言う事を書いてある物があり、あのおじさんは知っていたのか?これまでの経験なのか?。
今となっては知る由も有りません。

そんなタバコのお話しです(^^)。

雨降りかな〜 palms - 2019/06/15(Sat) 12:48 HomePage No.30635
パンダ 本日の神戸は雨が降ったり止んだりの安定しない天候となりましたが、風は強いものの湿気は少ないようです。
昨日中に雨対策としましてフロントガラスに撥水処理をしておりましたので、雨粒が気持ち良く吹き飛んでいきます(^^)。

撥水剤と言えば我々が最初に耳にしたのが、誰もが知る「レインX」です。
その後が「ガラコ」、今や色んなメーカーより色んな撥水剤が発売され、かなりの銘柄が量販店、ホームセンターなどに並んでおります。
また、その性能なども同じ銘柄であれドンドン進化しております。
私の場合、選ぶ基準は簡単に施工出来る事を最優先に考えて購入します。簡単といいましても、どこの物も簡単なのですが(笑)。
持続性はあまり重要視しておりません、理由は簡単施工で有れば「雨降りの前にやれば良い!」と言う事からです^_^。
手軽な物は作業時間も5〜10分程度です。

その際にワイパーゴムも点検もします。
ゴムのコンディションが良ければ、それだけでもしっかりとした視界が確保できます。
ゴムだけの交換もよいのですが、長くお使いの場合はブレードごと交換した方が有効です。
雨の日の快適ドライブにはコンディションの良いワイパーは必須です^_^。

マドリード今昔 palms - 2019/06/13(Thu) 12:06 HomePage No.30634
パンダ 先日、興味深い番組が有りましたので、いつもの事ですが、見忘れが無いよう念の為に予約録画をしておきます。

スペインの首都マドリードの散策です。
短い間と言えど住んでいたので見逃すわけにはいきません。
見てみると建物や通りなどは基本的には何も変わってないのですが、私が居た時に比べると全体的に綺麗になったような・・・。
一言で表すと「ハイセンス」な感じがし、非常ににヨーロッパ的です。
当たり前ですが、神代の昔よりヨーロッパです(笑)。
近代に入りフランコ独裁政治により国がグレーな雰囲気に成ったのでは・・と想像します。彼が死去したのが1975年、30年に渡る独裁政治が終わりました。その2年後にスペインに行ったわけですからその名残が強く残っていても不思議では有りません。

基本的に建物や通りは変わっていないので、何処を歩いているのかが、42年前の記憶の街並みと一致します。

あの頃、スペインは非常に日本ではマイナーでしてヨーロッパと言えばフランス、イタリア、ドイツ辺りがヨーロッパの代表的な国で洗練されたイメージだったような気がします。
スペインはと言いますとヨーロッパの田舎と言う感じで少し野暮ったい感じがありましたが、画面から見る限り、今や野暮ったいイメージは全く有りません。フッションの世界ではファストフッションの「ZARA」などは今やスペインを代表する企業として多くの方がご存知です。
日常に使用されてる路面バスや電車の車輌などのデザインも昔と違いハイセンスです^_^。

今回のTVを見て今のスペイン・マドリードを自分の目で確かめて見たいと思う気持ちと、あの頃の、ゆっくりとした時間が懐かしいと思う気持ちが交差する番組でした。


女子サッカーワールドカップ palms - 2019/06/11(Tue) 14:26 HomePage No.30633
パンダ 深夜に女子サッカーワールドカップ、日本対アルゼンチン戦が行われましたが、ご覧になられましたでしょうか?。

結果はスコアレスドローの引き分けとなり勝ち点1は何とか取りました。内容的には日本有利の試合だったかな〜と思っております。

ランキング的には日本の方が上なのですが、アルゼンチンの選手と日本の選手の大きな違いは、やはり体格です。いかんともし難いのですが・・・。
予選リーグを突破し、決勝リーグで暴れて欲しいと願っております。

本日は「夏日」となりました。昨日は竜野市では雹(ひょう)が降ったと報道されておりました(^_^;)。
日中の暑さに比べ夜は少し冷んやりとし休息を取るには良い気候です(^^)。

暑い、熱い、夏が来る前に何とも鬱陶しい「梅雨」が有りますが、作物の成長には不可欠な水を供給してくれる「天の恵み」ですので、あまり邪険にしてはいけません。

梅雨入り前に雨の日の安全確保の為にワイパーゴムの点検をしっかりしてしておきましょう。(営業でした(^○^))。
既に熱中症で倒れた方もいらっしゃるとか。

現場仕事の方は十分お気をつけ下さい(^_^;)

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | |